ECサイト制作ならスターズデザイン

【制作実績】商品ページ制作(Polar’s Kitchen)

2016年06月30日

Poler's Kitchen 商品ページ
クライアント
株式会社信光 様
http://item.rakuten.co.jp/p-kitchen/904300030/
対応サービス
デザイン, コーディング, ロゴデザイン, イラスト, 企画
制作時期
2016年6月

『森の中のレストラン』をコンセプトに、冷凍総菜を販売するPolar's Kitchen®。こちらの楽天ショップで販売する新商品「海鮮パエリア漁師風」のページを制作しました。

デザインテンプレートの採用

オープン時の商品数は片手で足りていた「Polar’s Kitchen®」も、すこしずつ商品数が増えてきました。商品が増えてくると「ページ制作にかかる費用」がクライアントの課題になってきます。

すべての商品ページのデザインを最適化して、各ページの転換率を改善することができれば、ショップの売上は間違いなくアップします。しかし、それでは費用(人件費や外注費)がかかりすぎてしまいます。一体、どうするべきでしょうか。

今回の事例では「デザインテンプレート」を採用することで、問題を解決しました。デザインテンプレートは、デザインの自由度こそ通常の制作手法に比べて劣るものの、一定品質を保った商品ページを、低コストに生成することを可能にします。

パレートの法則 in EC

パレートの法則をご存知でしょうか。大雑把に説明すると『全体の大部分(8割)は、わずかなリソース(2割)によって生み出される』という法則です。この法則は多くのECサイトにも当てはまります。

あなたのショップが「総売上の8割は、2割の商品で成立している」という状態であれば、その2割の商品ページに絞ってデザイン最適化を進めれば良いと思います。最適化に成功したときの売上に対するインパクトはとても大きいです。

一方、残された8割の商品ページも、まったくデザインしないわけにはいきません。お客様にとって過不足ない情報を提供しなければいけませんし、ページの見た目も信頼性を左右する重要な要素です。このような場合に、デザインテンプレートの採用は非常に有効です。

商品の役割を考えよう

話を今回の事例に戻します。

わたしたちはクライアントとの会話を重ねるなかで『お試しセットは入口商品、単品惣菜は主にリピート需要にこたえるもの(リピート商品)である』という認識を合わせました。

入口商品とリピート商品では、ページに求められる情報内容が異なります。入口商品ではお客様に世界観を伝え、こだわりや調理方法もゼロから丁寧に伝える必要があります。いわゆる「オリジナル」なページづくりが求められます。一方、リピーター向け商品には製品の特長を過不足なく伝え、スムーズに買い物できるデザインが優先されます。これは「テンプレート化されたデザイン」が得意とするところです。

この事例の「海鮮パエリア漁師風」はリピート商品に該当することから、あらかじめ準備しておいたリピート商品のテンプレートを活用して、通常の商品ページデザインと比べて制作費を大幅に抑えることができています。

私たちについて

私たちローカルストラテジーは、全国にクライアントをもつデザイン会社です。ECサイト制作、運営代行、コンサルティングのほか、SEO(検索エンジン最適化)など、中小企業のEコマース事業に関する、幅広い支援サービスを取り扱っています。

ECサイトの収益改善にお悩みの経営者様、デザインやコンテンツ作成にお悩みのネットショップ担当者様は、どうぞお気軽にご相談ください。(→問い合わせフォームへ

©2016- ECサイト制作の専門企業 Starsdesign co.,ltd.
【制作実績】商品ページ制作(Polar’s Kitchen)